薬学部体験談 ~CBTを受験した体験談~

CBT

薬学部に関する体験談を後輩薬学生のために

を目標として、薬学生の体験談を集めています。

今回はCBTの体験談を紹介していきます。

体験談を語ってくれるのはこの方。

プロフィール
名前:アムロジピン
大学:大阪大学
簡単な自己紹介:こんにちは!ニックネームはアムロジピン。アムロジピンの響きが好きでニックネームにしました。CBTの体験談を書いていきます!

いつごろから勉強しましたか?1日にどれくらい勉強しましたか?

私がCBTの勉強を始めたのは11月ごろからでした。

教科書と問題集を買ったのが6月ごろだったので、ほぼ半年ぶりに勉強を始めた感じです。

さすがにそろそろやばいなと思っていたので、やり始めました。

ちょうどOSCE実習もあり、合間を見つけてはCBTの勉強をやっていた感じです。

OSCE実習が終わるまでは1日に2時間程度しかやりませんでした。

OSCE実習が終わったのが12月の頭で、そこからラボの休みをもらったので1日12時間ほどやっていました。

丸1日勉強すると本当に疲れますね。

CBTについて不安などはありましたか?

CBTについての不安は、CBTがどれくらい難しいかがまったく分からないことです。

事前に情報がなかったので、難易度や出題形式が全然分かりませんでした。

どれくらい難しいかが分かっていれば、勉強への取り組み方も変わったと思います。

先輩に聞いてみると「あんなの簡単だよ~~」としか言われず、参考になりませんでしたね。

どれくらい簡単で、どれくらい勉強すればいいのかを教えてほしかったです。

どうやって勉強しましたか?勉強方法やスケジュール管理などについて

私の場合はZONE2から勉強を始めました。

ZONE1は基礎的な範囲ばかりだったので、ZONE2,3を勉強している段階で補えると思っていました。

また、ZONE2には薬理分野がありかなり覚えることが多かったです。

薬の名前や薬効はどうしても暗記勝負になってしまうので。

ZONE1の量はけっこう多いので、ZONE1を終わらせてからZONE2に入るのは時間的に厳しくなると感じましたね。

じっさい、ZONE1はZONE2,3とかぶっている部分が多かったので勉強しやすかったです。

私の勉強方法は見開き1ページを読んで、そこから重要なポイントをルーズリーフに書き出す様にしていました。

全てを書き出すと時間が足りないので、重要なポイントをピックアップするようにしていました。

模試の成績はどうでしたか?

模試の成績はあまりよくなかったです。

12月に受けた模試ではD判定で下から数えた方がはやいくらいです笑

模試の成績が1月の頭に返ってくるので、さらにそこから力を入れて勉強し始めました。

このままではやばいな・・・!

と感じましたね。

周りの友達を見ていると、成績が同じ人もいればめちゃくちゃいい人もいました。

勉強している人は勉強してますね。

テキストは何を使いましたか?

テキストは薬学ゼミナールのコアカリを使っていました。

コアカリの要点集と問題集を使っています。

要点集にはポイントがよくまとまっているのでとても勉強しやすかったです。

要点集を読み進めて、問題を解く流れです。

問題の答え合わせをしたら、間違えた部分を要点集に戻って確認します。

この繰り返しで、かなり学力が上がります。

苦手な分野はどこでしたか?

私の苦手な分野は製剤学でした。

覚えることが多いし、さらにつながりがないので覚えにくかったからです。

ひたすら覚えるだけ。。。みたいな。

薬理学なら薬の名前と薬効と類似薬を覚えるので関連付けやすいですよね。

製剤学はほとんどつながりがないので、大変でした。

剤形の暗記は本当に大変。。。

また、漢方薬分野も苦戦しましたね。

漢方薬についてもひたすら暗記だったので。

生薬名とか暗記だけでもう無理!ってなってました。

CBTを受ける上で何かアドバイスがあれば教えてください

CBTを受ける上で言えることは、コアカリをある程度解けるようにしておけば合格できるということです。

ある程度でいい!ということがポイントです。

実際の試験はコアカリや模試ほど難しくありません。

これはかなり重要です。

私が実際に受けたときは

あれ、こんな簡単な問題が出るの??

という感じでした。

コアカリや模試の問題が難しく設定されていて、直前まで焦ると思います。

しかし、本番はかなり楽な問題ばかり。

私から言えることはコアカリを完璧にする必要はないということですね。

だいたいわかっているレベルで合格できます。

完璧にしなきゃ!!と焦る必要はありません。

CBTは難しかったですか?

本番のCBT模試はコアカリや模試と比べるとかなり簡単に感じました。

あんなに勉強しなくてもよかったかなと思うほどです。

もちろんこれは私が勉強した結果なのか、もともとそうだったかはわかりません。

コアカリをある程度やっておけば十分だと思います。

ある程度というのは、赤文字の部分は7~8割程度答えられるぐらいですね。

7~8割でいいと思うので、ハードルは下がります。

CBTを受けてみた感想を教えてください

CBTは国家試験に役に立つと思いました。

ZONE1~3を通して、今まで習ってきた範囲を復習するいい機会になりました。

なかなかまとめて復習する機会が取れないので、ちょうどいいと思います。

国家試験はCBTの知識を基礎としているので、基礎固めに最適です。

CBTで基礎を固め、さらに実習で現場から実践的知識をみにつけ、国試の勉強に入る流れです。

私はCBTを受験してよかったです。

国試を勉強するための用意が整ったと思うので、これからどんどん国試を勉強していこうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました