薬学部体験談 ~研究室配属は将来を考えながら~

研究室配属

薬学部に関する体験談を後輩薬学生のために

を目標として、薬学生の体験談を集めています。

今回は研究室配属についての体験談を紹介していきます。

体験談を語ってくれるのはこの方。

プロフィール

{“total_effects_actions”:0,”total_draw_time”:0,”layers_used”:0,”effects_tried”:0,”total_draw_actions”:0,”total_editor_actions”:{“border”:0,”frame”:0,”mask”:0,”lensflare”:0,”clipart”:0,”text”:0,”square_fit”:0,”shape_mask”:0,”callout”:0},”effects_applied”:0,”uid”:”B5428558-0D9C-4DFC-BA2B-1872543064B4_1563301300058″,”width”:2544,”photos_added”:0,”total_effects_time”:0,”tools_used”:{“tilt_shift”:0,”resize”:0,”adjust”:0,”curves”:0,”motion”:0,”perspective”:0,”clone”:0,”crop”:1,”enhance”:0,”selection”:0,”free_crop”:0,”flip_rotate”:0,”shape_crop”:0,”stretch”:0},”origin”:”gallery”,”height”:3257,”subsource”:”done_button”,”total_editor_time”:30,”brushes_used”:0}


名前:マックス
大学:大阪大学
研究室:生物系研究室
簡単な自己紹介:研究室配属のときの体験談を書くことになりました!最後まで読んでくれたら嬉しいです。

研究室を選んだ基準はありますか?

僕はとにかく自分の時間がしっかり確保できるかが重要なポイントでした。

研究室ももちろん大事ですが、それ以上に自分のプライベートの時間も同じくらい大切だと思います。

薬学部の中には色々な研究室があり、厳しいところからぬるいところまでたくさんあります。

大阪大学以外の大学でも同じだと思います。

他の友達は就職状況や研究室の教授の様子などを選ぶ基準にしていました。

研究室配属の時に持っていた悩みはありますか?

悩みとしては、2つありました。

  • 自分の希望している研究室に入れるか
  • メンバーがどうなるか
  • 自分の希望している研究室に入れるか

    研究室配属は成績が上位の人から決まっていきます。

    大阪大学の決め方は特徴的で、成績順に名前が呼ばれみんなの前で決まっていく感じ。

    それぞれの研究室には定員が決められているので、早めに満員になる研究室もあります。

    私は3つ候補があって、どれも人気な研究室でした。

    成績としては上から30番目というなんとも微妙な位置にいたので、不安がありました。

    3つの研究室が早めに埋まってしまえば、どこに行けるかが分からないので不安でした。

    メンバーがどうなるか


    研究室のメンバーはとにかく重要です。

    少なくとも3年間は同じメンバーで過ごします。

    同じ学年であれば、一緒に動くことも多くなりますよね。

    つまり、気が合わない人や仲良くない人と一緒になってしまうのでは最悪です。

    研究室に入ってから仲良くなれればいいですが、すぐに仲良くなれる訳ではありません。

    入る段階である程度仲のいい人がいる研究室を選ぶべきだと思います。

    研究室ではどんな研究をしていますか?

    私の研究室では薬理系の研究をしています。

    マウスに薬を投与して、どんな反応をするかを確認していきます。

    10匹ほどのマウスを使い、それぞれの反応の違いをデータとしてまとめます。

    データからその薬がどんな効果があるのか、どんな作用を与えるかについて考察しています。

    研究室での1日のスケジュールを教えてください

    研究室は9時半に始まり、そこから12時くらいまで実験をします。

    前日に仕込んでおいた細胞の様子を見たり、マウスの準備をします。

    昼ご飯を食べたら、午前中の続きをやってデータをまとめて終わりです。

    だいたい18時から19時くらいに帰ります。

    他の研究室は23時とかまで実験をしていると聞きますが、自分の時間がまったくないので私は無理ですね。

    研究室の大変なところを教えてください

    マウスの世話をすることが一番大変です。

    マウスにはしっかりとエサをあげなくてはならないので、土日に交代でエサを与えにきます。

    3連休があっても土曜日、月曜日でエサをあげる当番になると、旅行すらいけません。

    作業は30分もあれば終わるんですけど、めちゃくちゃめんどくさい。

    しかも、エサをあげる時間が決まっているのでスケジュールをずらすことができないんです。

    ぶっちゃけ研究室は楽しいですか?

    研究室は楽しいですね。

    もちろんつらいことや大変なこともありますが、それでも実験によって何かが明らかになっていく過程は大好きです。

    しかも考えながら進めることができるので、自分の考え方が正しいかが分かります。

    正しいことが続けば、まるで自分が神になった気分になれるので好きですね笑

    楽しくないとできないかもしれません。笑

    研究室に行きながらバイトやサークルはできますか?

    私は今でも家庭教師のバイトをしています。

    19時に帰って、20時からのバイトに行って22時過ぎまで働く感じです。

    2時間で5000円くらいもらえるので、けっこう割のいいバイトかなと思います。

    予習復習と移動時間があるので、前後1時間は取られてしまいますが。

    生物系の研究室に行っている人はかなり余裕を持ってバイトができています。

    逆に有機系だとほとんどバイトする時間がないみたいです。

    研究室配属を控えた薬学生にアドバイスをお願いします

    研究室配属は将来の進路を決める上でとても大切だと思います。

    特に研究職に就きたいのであればなおさら重要です。

    何の分野に行くかも考えるべきですね。

    生物系の研究室から有機系の研究職になるのは難しいです。

    先のことを考えながら研究室を選んでください。

    開発職やMRになるなら、研究室はあまり関係ないみたいです。

    私は研究者になって製薬企業に入りたいと思っているので、研究室はかなり選びました。

    タイトルとURLをコピーしました