病院実習体験談「病院薬剤師のイメージが変わった」

薬学部に関する体験談を後輩薬学生のために

を目標として、薬学生の体験談を集めています。

今回は病院実習の体験談を紹介していきます。

体験談を語ってくれるのはこの方。

プロフィール
名前: うたか
大学:大阪にあるとある薬学部
実習場所:大阪府
病院データ: けっこう大きめ、薬剤師さんもたくさん、患者さんもたくさん
簡単な自己紹介: 初めまして。うたちゃんです。
今日はうたちゃんの病院実習での体験談を書くので、何かしらの参考になれば嬉しいです。

病院実習が始まる前に考えていたこと

病院実習はちょっと大変そうだな〜〜と内心思っていました。

患者さんが多いですし、やっぱり薬局よりも重症な患者さんが多いので、それだけ薬剤師にかかってくる責任も重いのかなと思っていました。

薬学部実習生が果たしてどこまでついていけるのか不安はありましたね。。。

病院実習に関して不安に思っていたことはありましたか?

僕は、大学でもそこまでまじめなグループに所属しているわけではないので、知識量に不安がありました。

薬の名前を言われてもそこまでわからないし、作用機序になったらさらにお手上げです。

病院実習前に勉強する時間はあったでそと言われるかもしれないですが、正直言って勉強しないですよね。。。

「病院実習のために頑張って復習しよう!!」と思える人は尊敬しちゃいます笑

実習が始まってから、教科書とかを眺めるように心がけましたが、不安を取り去るほどの圧倒的な知識量は得られませんでしたね。。。

あなたも不安があるなら、早めに勉強しておくことをお勧めします。

コアタイムや土日の実習の有無、1日のスケジュールを教えてください

9時から全ての業務が始まるので、それまでに用意を済ませ、所定の場所に集合します。

病棟集合もあれば薬剤部集合もありました。

そこから、1日の決められた業務が始まります。

病棟では、患者さんのベットサイドまで行って服薬指導をおこなったり、薬剤部では処方箋の調剤をしていました。

また、無菌室業務もあり、ここでは抗がん剤や目薬の調整を進めます。

12時くらいまで業務があり、1時間の休憩、そこからさらに17時まで業務があります。

ずっと作業している時もあれば、パソコンで調べ物をすることもあってその日によってけっこう変わりましたね。

病院実習でどんなことをした?

病院実習では薬局よりもかなり多くの業務があります。

また、病院の方が薬局よりも広いので、動き回る感じがすごかったです。

特に、点滴や栄養剤を病棟に運ぶ用の台車にのせる作業はかなりの重労働でした。

点滴バッグってかなり重いんですよ。

それを5個とか10個とかとってきて探して来て、在庫がなくなったらまた補充してという作業が一番しんどかったです。

病院の中での大切な業務なんですけど、別に薬学生でなくてもよくね??

と内心思っていました笑

そんなこと言ったら、担当の薬剤師の先生に怒られてしまいますが笑

病院実習で大変だったことはありますか?

病院実習で大変だったことは患者さんの症例発表の準備です。

病棟では担当した患者さんの症例をまとめ、どんな服薬指導をしたかとか、どんな病気で入院したのかについてまとめ、発表しなければなりませんでした。

僕が担当したのはリウマチの患者さんだったんですけど、どんな会話をしたかとか、自覚症状がどう変化したかについて1ヶ月ほどまとめました。

そして、検査値がどうなって、どんな薬剤を使って、どういう治療をしたかについてまとめます。

まとめるだけでも大変なのに、それについて原稿を覚えて発表するのはけっこう大変でした。

自分なりに頑張ったと思っています笑

病院実習で印象的なことはありますか?

印象的なことは、病院薬剤師さんの中で「これが薬剤師!!」という業務をしている人が思ったよりも少ないことだと思います。

僕の中での病院薬剤師のイメージは

服薬指導して、患者さんと向き合って、医師に相談して。。。。という感じだと思うんです。

自分の薬の知識を最大限に発揮しながら、患者さんのために働く!!という感じ??

でも、病棟で働いている薬剤師さんは全体の4割くらいで、そのほかの薬剤師さんは裏方に徹していた印象です。

輸液の在庫をチェックしたり、治験業務を進めたり、インタビューフォームの情報をまとめたりなど、かなり幅広い仕事をしていました。

自分の知らなかった病院薬剤師さんの姿をまじかで見ることができていい経験になったと思います。

病院実習先では、薬剤師さんや他職種の方と仲良くなれましたか?

他の医療関係者の方とお話しする機会はほとんどなく、なかなか難しかったです。

看護師さんや栄養士さん、臨床検査技師さんなどいろんな方が働いていましたので、意見交換会などがあれば面白かったかなと思います。

病院実習を乗り切るためのアドバイスはありますか?

病院実習は薬局実習以上に大変だと思います。

覚えることも多いし、患者さんの数も桁違いです。

特に服薬指導の時には自分が薬学生だとは思ってもらえず、普通の薬剤師と同じ扱いを受けることが多いです。

常に患者さんの目があることも忘れないようにした方がいいかなと思います。

僕は、患者さんに廊下ですれ違った時に、薬剤師と間違えられてしまい、薬の説明を求められたことがありました。

さすがに焦りましたが、幸いにも高血圧の薬だったので、「これは血圧を下げるお薬ですよ〜〜」とだけ言って乗り切ることができました。

患者さんは、「あ〜ほんとですか!よかったです。なんの薬だったか忘れちゃって!」と言っていましので、多分OKだったかな。

病院実習ならではの貴重な体験ができました。

薬学部を卒業した後の将来の職業は?

薬学部を卒業した後には、製薬企業の開発職を目指しています。

目指す理由としては、一番給料が良さそうだから??

MRだと全国転勤がありますし、研究職だとやっぱり研究内容が問われるかなと思います。

僕の研究はたいしたことないので、消去法的に開発職がベストかなと思います。

病院や薬局も一瞬考えましたが、やっぱりまずは大企業で働いてみたいという気持ちがかなり強いです。

もしかしたら、今後は転職もあるかもしれませんが、今の所は企業志望です。

病院実習の感想

病院実習は、色んな患者さんと接する機会があり、薬局よりも臨床現場でした。

薬局に来る患者さんは、どちらかと言えば健康的な人が多いですよね。

自分で歩けるし、自分で食事もできる。

ちょっと年齢的に、体の臓器が弱ってきて高血圧とか糖尿病の症状が出てきていますが、それもすぐに死んでしまう!というわけではないですよね。

一方で、病院にいらっしゃる患者さんは、重症な方が多いです。

がん患者さんはもちろんのこと、希少疾患や透析患者さんもいらっしゃいました。

自分では食べれないし、排泄もできないといったかなり深刻な患者さんも目の当たりにしました。

初めて見学した時は僕でもショックでしたし、がんの辛さを目の前で見てしまい、少しだけうつになったこともありました。

命の重さについて考えさせられるような貴重な時間だったと思います。

病院実習でしか得られない、すばらしい時間でした。

タイトルとURLをコピーしました